精神的・身体的負担が軽減抜歯と同時にインプラントを埋入

精神的・身体的負担が軽減抜歯と同時に
インプラントを埋入

通常は虫歯や歯周病で抜歯が必要な場合、抜歯後傷口が治ってからインプラントを埋入します。2回の手術が精神的・身体的に患者様の負担となっていました。そこで当院では、抜歯をした日にインプラントを埋入する新しいインプラント治療法「抜歯即時埋入法」を必要に応じておこなっております。

TROUBLE

こんなお悩みございませんか

  • インプラントは噛めるまでに時間がかかりそう
  • 何度も手術をしたくない

抜歯即時埋入の特徴

01治療期間を短縮できます

抜歯即時埋入法は、治療期間が3~6か月位で、従来のインプラント治療のおよそ半分ほどの期間で治療を終えられます。中には半分以下で治療を完了する方もおられます。
診療に通う精神的な負担が少ないというメリットがあります。

02手術が1回なので負担が少ない

抜歯即時埋入のメリットのひとつは、手術が1回で済み、身体的・精神的な負担を軽減できることです。抜歯と同時にインプラントを埋入し、必要に応じて仮歯まで装着も可能です。
手術そのものに不安な方には、1回で終わるため精神的な負担の軽減となります。
手術の痛みについても、抜歯時の麻酔が効いている間に、インプラントを埋め込むので、心配も少ないでしょう。

03抜歯と埋入が同時なので回復が早い

抜歯した直後は、組織の治癒力が高く、治療する部分が元に近い状態を維持しやすいので、傷口の回復も早いといわれています。
抜歯後すぐにインプラントを埋入することで、骨吸収の抑制や歯茎などの軟組織の状態を維持しやすく、骨の回復が早いと考えられます。

抜歯即時埋入の流れ

1抜歯後、
インプラントを埋め込む

治療が必要な歯を抜き、抜歯でできた穴にインプラントを埋め込みます。手術は1~2時間程で、痛みはほぼありません。静脈内鎮静法を希望されている方は、歯科麻酔専門医による処置をします。

2骨補填材を埋め込み
仮歯を入れる

インプラントを埋め込んだ後少し隙間がありますので、安定させるため、隙間には骨補填材(人工の骨)を埋め込み、固定させます。隙間が埋まったら歯茎を閉じます。仮歯を入れて歯肉を整えてから歯茎を縫合するケースもあります。

3回復を待ってから被せ物を
装着する

手術後、歯茎の回復や、アゴの骨とインプラントとが結合して安定するまで、3~5か月ほど待ちます。インプラントの周囲や歯肉が治癒したら、被せ物を装着し、治療は完了となります。

よくあるご質問Q&A

質問がありません