TOP > 歯周組織再生療法

歯周組織再生療法

いつまでも自分の歯を大切にするために

歯周病とは

正常な歯と歯周組織
正常な歯と歯周組織

歯周病とは、歯の周りの歯周組織が歯周病菌に感染することによって、歯茎(歯肉)が腫れたり、出血したりし、
最後には歯が抜けてしまう病気の事を言います。

自分で気づかない軽い程度の歯周病を含むと、40歳以上の成人の5人に4人以上が歯周病にかかっているといわれています。
歯周病は歯を失う最も大きな原因とされています。

歯周病が進行すると

進行する歯周病
進行する歯周病

最初の自覚症状はなく、鏡で見ても分かりません。
そのうち歯肉が赤くなってきたり腫れたりします。 プラークが石灰化して、歯石になり、自分では除去できなくなります。
また、炎症が歯肉の内側にまで進行すると、歯の根っこを覆っている膜や歯槽骨が破壊され、歯を固定する力が徐々に弱くなります。
この状態で放っておくと、最後には歯を失うことになります。

エムドゲインゲルを使った歯周組織再生

エムドゲインゲルとは

エムドゲインゲルとは

スウェーデン、ビオラ社が開発したブタの歯胚組織を使った歯周組織を再生する新材料です。
エムドゲインゲルの主な成分は、子供の頃に歯が生える際に大切な働きをするたん白質の一つです。
現代の科学水準に基づいて高い安全性が確保された、幼若ブタの歯胚から抽出したものです。
世界44ヶ国で使用されており、臨床実績もあります。

歯周組織再生治療(エムドゲイン)は約25年の実績があり、今まで数100万件の臨床で使用されています。
しかしながら、エムドゲインによる副作用が報告されてことはありません。

エムドゲインを使用した治療方法について

手術の前に・・・
歯周組織を調べる為に、歯周ポケットの計測やレントゲンの撮影など治療前の検査をします。
エムドゲインゲルを使った治療が行えるかは、歯周病の進行している状態や患者様の歯の症状によっても異なります。
まずはご相談下さい。

歯周外科手術とエムドゲインゲルの塗布