TOP > ガイドインプラント最大のメリット

ノーベルガイドインプラント最大のメリット

最先端の治療システムで体への負担を最小限に
当院の最大の特長は、ノーベル・バイオケア社製「ノーベルガイド」のコンピュータ制御によるインプラント治療。これまでドクターの経験や手先の技術に頼ることが多かったインプラントを、さまざまな最新のシステムや設備を用いて、コンピュータ制御・数値化して行います。 「インプラント治療はこわい」というイメージを取り除く、誤差のない診断と、お体への負担が少ない確実な治療を実現しました。
ノーベルガイドシステムによる インプラント手術最大のメリットとは・・・
ガイド手術による正確なシュミレーションで 精度の高いインプラント手術が可能に!!

ガイド 手術の正確さ

通常のインプラント治療でCTを撮影による診断を行うことは当たり前になりました。しかし、実際の手術はあくまでシミュレーションを参考にし、人の手と目で慎重に行います。

もし、歯科医師がこのような設計を行ったとします。青い線がインプラント埋入予定の位置とインプラント、黄色い丸が絶対に傷つけてはいけない神経の位置です。インプラントの周りの黄色い線は、医院が設定している、インプラントの安全域(インプラント周囲2mmを設定し、この中には神経や血管を入れないように設計する)です。

ガイド手術

熟練の歯科医師が施術する場合、当然シミュレーション通りに埋入します。しかし、患者様はその歯科医師がその技術を有しているかはわかりません。
また、熟練した歯科医師でも、100本全て完璧に行えるかというと、人間としての最低限のミスを犯さないともかぎりません。

ガイド手術

左が設計時、右のCTは神経を損傷する可能性がある位置です。尖端の誤差はたった1.5mmです。術者の手元では0.5mm程の誤差です。実際このようなシビアなケースでは、ヒヤリとするケースや歯科医師が多数存在します。もし神経を傷付ければ、しびれや痛みが出続けることになります。血管を損傷すれば、場合によっては死亡事故に至る可能性があります。

ノーベルガイドは、シミュレーション通りの角度にしかドリルを進めることはできません。深さも定位置までくると、ストッパーによって自動的に止まります

当院ガイド手術の実績

くわばら歯科医院で術後にCTを撮影させていただいた方のシミュレーションと実際のインプラントの位置を全て比較したところ、尖端で1mm以上の誤差があったインプラントは1本もありませんでした。

2つの画像を合わせてみると完全に一致します。これがノーベルガイドが現在最も安全なインプラントシステムであると言われる根拠であり、ノーベルバイオケア社と当院が自信を持って採用する理由です。