TOP > 院内ツアー・医院設備

世界水準のCTスキャン

世界クラスのマルチイメージマイクロCT。
骨・神経などを細部まで、なめらかな画像で撮影し、正確な診断を実現します。
今までのレントゲンだけでの診断に加えて、さらに3次元での診断ができるようになりました。

精密なインプラント手術の成功は、CTスキャンなしでは不可能です。
とくに難しいケースにおける診断には、なくてはならない機材と言えるでしょう。
くわばら歯科医院では、他院が採用する安価で多機能な(CTに特化していない)CTではなく、数あるデンタルCTの中でも、評価の高い機材を使用することで、診断の精度を完璧なものにしています。

世界最高水準のCTスキャンのイメージ世界最高水準のCTスキャンのイメージ
世界最高水準のCTスキャンのイメージ世界最高水準のCTスキャンのイメージ

患者様にもやさしい最新3次元CTです!!
CTはインプラント治療において必要不可欠です。まず、CTのない医院での手術はできないといっても過言ではありません。ところが、まだCTを撮影せずにインプラントを行う医院が多いのも現状です。
ただ、一般的にCTといってもさまざまな種類があり、その中でもより患者様にとって優しいものを導入しています。

感度、分解能に優れており、軟組織から硬組織まで確認することができ、より精密な診断が出来るため
安全に手術を行うことができます。

また、広い撮影領域と高解像度を持ち合わせていることで、顎全体の治療を一回の撮影で行うことができます(一般的な範囲の狭いCTでは何度も撮影して画像をつなぎ合わせないといけません)。
このような高性能、高機能なCTですが撮影手順は通常のパノラマレントゲンと同様で患者様にとって負担なく診査を進めることができます。

当院のCTは、通常医科などで撮影されるものより被爆量が大幅に少ないこともメリットの一つです。

専用オペ室

インプラントなどの外科的処置の大半は、細菌・ウィルスを除去するシステムを導入したオペ室で治療を行います。

専用オペ室のイメージ

オペ室を専用に設けることで、インプラント手術の感染のリスクを大幅に低減させることが可能です。
なぜなら、感染のリスクはインプラントの術後経過に大きな影響を及ぼすからです。
昨今話題になっているインプラント手術の問題。その原因の一つに手術中の滅菌・殺菌ができていなく菌による感染でトラブルがおこっているからです。

また、長時間のオペによる疲労や、待機時間の有効利用のため、手術患者様専用のリカバリールームを用意しています。鍵付きの完全な個室とリラックスできる内装で、手術に臨まれる患者様の負担を少しでも軽減できればと考えています。

無影灯

無影灯のイメージ

暗くて狭い口腔内のインプラント手術に関して、高精度の無影灯が大切になってきます。
くわばら歯科医院では無影灯完備で患者様に安全で確実な治療を行っています。

無影灯は、より手術部分にフォーカスして照らすことが可能です。

麻酔システム

麻酔システムのイメージ

大病院の手術法を可能に

通常は部分麻酔で手術を行います。
もし麻酔が必要となった場合にも、大病院に移動することなく、当院の設備と専属の麻酔士によって、院内での麻酔を可能にしています。

かかりつけ医院でインプラント治療を行う事で術後のケアもスムーズで、より患者様にとって安心の治療を行うことができます。

感染予防

感染予防のイメージ

手術空間は完全な無菌状態。「クリーンエリアプラス」というエアカーテンで滅菌することで、二次感染のリスクを取り除く装置です。

清潔で安全な手術室をスイッチひとつで瞬間的に作り出します。
術野無菌の空気の壁で覆うことで、無菌に近い環境で手術を行うことができます。

患者様にとって安心・安全な治療空間を提供することができます。

オステルISQ

インプラントの安定性や、骨の質などを計測。ドクターの経験ではなく数値化をすることにより、起こりうる不具合をより一層明確に予知します。

オステルISQのイメージオステルISQのイメージ
オステルISQのイメージオステルISQのイメージ

インプラントの進歩と同時に、今まで適用できなかった患者の方々にも治療が可能となってきました。
現在、患者から早期の処置に対する要望が増加しています。
そこで重要な問題は、インプラントを機能させる時期です。
オステルISQは、即時あるいは早期荷重に関する新しいデータを提供し、荷重時期を決める手助けを致します。
難症例の患者様にも安心してインプラント治療をお受け頂けます。

また、臨床研究では、当初ISQ値が低い状態から治療に入ったケースにおいて、X線写真では埋入部位骨の欠損は検出されませんでしたが、12~15週間後そのインプラントはオステルが予見したとおり機能しなくなりました。

ピエゾ(超音波)治療器

ピエゾ(超音波)治療器のイメージ

ドリルではなく、超音波で骨を切削。血管や神経を傷つける心配が少なく、術中の出血などによるアクシデントを防ぎます。当院では、大出力のサテレックス社のピエゾ治療器を採用し、ドリルと同等のスピードでの施術を可能にしました。

超音波発生装置を開発したサテレック社のピエゾトームを使用することで、インプラント治療の精密性や快適さ、また、歯科医師の骨切除の選択制において優位性をもたらします。
くわばら歯科医院では最新型のピエゾトームを使用しており、ハイパワーでかつ滅菌可能なLED付ハンドピースを兼ね備えたもので手術をより安全で負担の少ないものにしています。

ピエゾトームを使うことで、インプラントの手術のリスクとして挙げられる動静脈の損傷を防ぐことができます。

ハッチリーマー(上顎洞挙上術)

ハッチリーマーのイメージ

インプラントを埋入するスペースを作るために用いる、手術用ドリルビット。切削部分を小さくおさえ、粘膜を破るリスクを軽減します。

骨が少ない方のインプラント治療においてリスクを回避した、最新の治療が可能となります。
手術時間も短縮されるため、患者様にとっても負担が少なく安全に治療を行えます。
これまでのソケットリフト法に変わる治療法を可能にします。

ハッチリーマー(上顎洞挙上術)
従来のソケットリフト法は、専門の器具を使用し、上顎洞底部を押し上げたり、たいたりする為大切な膜が破ける危険性があり、リスクを伴います。
ハッチリーマーは従来の術式とは違い、たたいたりしない為大切な膜が破けにくく安全です。
術者が使いやすく、患者さんへの負担を和らげる手術システムです。

ソケットリフト法のイメージ

●低速で回転させたハッチリーマーで上顎洞内への骨移植や骨圧縮を少しづつ進めていきます。
●ハッチリーマーにストッパーを装着することにより、危険性を減らし上顎洞のインプラント手術の施術時間を短縮することができます。


従来の方法ではトンカチのような器具で何度も頭に響く程叩かないといけませんでした。

ボーン・コレクター

ボーン・コレクターのイメージ

切削した骨を集める器具です。
骨移植の際、従来はバキュームで吸い上げて捨てていた骨を、代替骨として使用することが可能に。
本来はほかの部分から移植する、骨の量を減らします。

骨採取には、表面だけを貰っくる方法から大きな塊で採取する場合等、量や用途に応じて様々な方法があります。
くわばら歯科医院では骨採取だけで8通りの方法を取り揃えています。
可能な限り患者様の負担を減らし、腫れや痛みの少ない治療を目指しています。

遠心分離器

ボーン・コレクターのイメージ

骨移植手術の負担を軽減し、患者様の血液から、遠心分離器を使い濃縮した血小板や成長因子を取り出し、お口の中のもともとの骨や移植骨に混ぜ合わせることで、骨自体を増強する方法です。
インプラント治療や歯周外科治療に有効です。

最大40CCの採決を行い、遠心分離器にセット。
わずか10分で分離が完了します。

ブタの骨や人工の骨を使用してインプラント治療を行うケースが多いですが、
本当はご自身由来のものが一番良いとされています。
ご自身の体から採取された血液を使用する為安心頂けます。

当院では、遠心分離器を院内に完備しています。
スピーディーで、コスト面でも良心的な骨再生インプラントを実現いたします。

血液より分離された濃縮された成長因子により、骨造成をより確実に行うことが可能です。

オッセオプロ

無影灯のイメージ

データを入力して下さい

生体情報モニター

無影灯のイメージ

データを入力して下さい

撮影用カメラ

無影灯のイメージ

データを入力して下さい